自動車保険の見直しに最適のサービスはこちらです。
一番安い保険会社がすぐにわかります!
(なんと保険料がリアルタイムで表示)
保険見積り

安全装置のついた車で割引

自動車保険安全装置

車にエアバッグ、ABS、衝突安全ボディ、盗難防止装置、横滑り防止装置などが搭載されている場合、保険料が安くなります。
車両保険は、車の損害やケガの治療費に対して支払われるものですので、事故を起こしにくい、またケガをしにくい安全な車であれば、保険料がお安くなります。


エアバッグ割引

エアバッグを装着していることにより、車の衝突時のケガを軽減できますので、保険料が割引になります。また助手席にもエアバックがある場合、デュアルエアバック割引が適用されますので、保険料がさらに割引になります。
搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険が約10%〜15%割引になります。


ABS(アンチロックブレーキシステム)割引

ABS(アンチロックブレーキシステム)が装備されている車の場合、急ブレーキを踏んだ時にハンドルが効かなくなるのを防ぎ、衝突のリスクを少しでも減らすことができるため、その分安全という理由で保険料が割引になります。
⇒ 対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険が約5%割引になります。


衝突安全ボディ割引

衝突安全ボディが装備されている車の場合、衝突時にケガを軽減することができるという理由で保険料が割引になります。ただし、保険会社により、衝突安全ボディの基準が異なるため、各保険会社へお問合せ下さい。
⇒ 搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険が約10%割引になります。


横滑り防止装置

急ブレーキなどで横滑りした時に、センサーの感知により横滑りを防ぎ、車の動作を安定させるため、事故を未然に防ぐという理由から保険料が割引になります。
⇒ 対人賠償保険、人身傷害補償保険・搭乗者障害保険が約5%割引になります。


盗難防止装置割引

少しでも盗難を防ぐことができるという理由から保険料が割引になります。高級車に装備されている割合が高いです。
⇒ 車に対しての保険になるため、車両保険が約1%〜5%割引になります。

新車割引

初度登録年月から保険開始年月までの期間が25ヶ月以内の場合、保険料が割引になります。
⇒ 車に対しての保険になるため、車両保険が約1%〜5%割引になります。

福祉車両割引


消費税非課税措置の対象となる福祉車両(身体障害者用に補助装置等が装着された車)の場合、保険料が割引になります。ただし、この割引はエコカー割引と同時に適用することはできません。
⇒ 自動車保険の合計保険料が約3%割引になります。

エコカー割引


電気自動車・ハイブリッドカーなどの低公害車、低燃費自動車、低排出ガス自動車の場合、保険料が割引になります。ただし、福祉車両割引と同時に適用することはできません。
⇒ 自動車保険の合計保険料が約1%〜3%割引になります。

Copyright © 2006 自動車保険見直し隊!. All rights reserved