自動車保険の見直しに最適のサービスはこちらです。
一番安い保険会社がすぐにわかります!
(なんと保険料がリアルタイムで表示)
保険見積り

「年齢条件」の見直し

自動車保険年齢条件

交通事故総合分析センターの「交通統計」によると、交通事故死の割合が最も高いのが20歳代で、30歳代、40歳代と比較すると2倍の開きがあります。
年齢が若くなるほど事故を起こす確立が高いことが分かります。
これを保険料に反映させたものが「年齢条件」で、その年齢条件によって保険料が変わってくるのです。
年齢が高くなればなるほど保険料は安くなり、年齢が若くなればなるほど保険料は高くなります。

具体的には、下記のような特約を利用することにより、保険料を節約できます。

・30歳未満不担保特約(30歳以上のみ対象)
・26歳未満不担保特約(26歳以上のみ対象)
・21歳未満不担保特約(21歳以上のみ対象)
・年齢問わず担保特約(全ての年齢対象)

驚くことに、「年齢問わず担保特約」と「30歳未満不担保特約」とでは、保険料の割引の差が60%もあるのです。

この年齢条件を知らずに、「年齢問わず担保特約」で契約していませんか?21歳以上であれば、この年齢条件を必ず確認してください。

保険更新時は要チェック!

更新時に年齢条件を確認

そのまま更新しない

よくあるのが、保険の更新の際に、前の契約と同じ条件で継続するケースです。

年齢条件は安くなる年齢が何段階にも分かれています。
更新の際は、必ずその都度年齢条件を確認するようにしてください。

また「年齢条件」が適用される年は、各保険会社によって異なりますので、自分で「○○才だからまだ適用されないな」と勝手に思い込まないように注意しましょう。

Copyright © 2006 自動車保険見直し隊!. All rights reserved