自動車保険の見直しに最適のサービスはこちらです。
一番安い保険会社がすぐにわかります!
(なんと保険料がリアルタイムで表示)
保険見積り

車両保険の加入・不加入について

自動車保険の見直しで多くの人が迷う点が、車両保険に加入するかどうかという所だと思います。

また同時に多くの人が車両保険は高いと誤解をされています。

ご存知とは思いますが、車両保険は車の車種によって保険料が違ってきます。
事故を起こしやすい車は保険料が高く、逆に事故の少ない車は保険料が安くなります。

つまり車種によっては補償額に比べ、保険料が大変安く加入できる車もあります。
しかしそのあたりを確認することもなく、一律に、「車両保険は高いからいりません」と思い込んでいる方も多くいらっしゃいます。

そこで自動車保険に加入・継続するときは、必ず車両保険がある場合と無い場合とで料金を比較知るようにしましょう。


この車両保険の保険料は、車の種類ごとに決められている「料率」を確認しなければなりません。

この料率とは各保険会社で1〜9までの9段階で設定されています。
これは各保険会社に問い合わせをしなければわかりません。

それではこの料率の低い車と高い車では、保険料に一体どれぐらい違いがあるのか例をあげて見ます。

車両保険料比較 RAV4(料率1) インテグラ(料率9)
一般車両保険 52,400円 228,740円
エコノミー+限定A 25,360円 110,720円
*年齢30歳以上・新規契約・免責金額5万ー5万で計算。保険会社により金額は変わります。


どちらも車両保険の補償額100万円で計算しましたが、その金額の差は明らかです。

このように料率の低い車に関しては、車両保険に加入したほうがお得ともいえます。


またこの車両の料率クラスは半年に一度見直しされます。
保険に新規で加入するとき、継続するときは必ず料率クラス・保険料を確認するようにしましょう。

Copyright © 2006 自動車保険見直し隊!. All rights reserved